ファッションセンスってどうやって磨くの?

ファッションセンスがない、どうしたら磨けるものなの?

Link

センスってそもそも何?変えられるの?

オシャレで魅力的なセンスの良い人と何だか野暮ったい残念なセンスの人、同じような服装をしているようなのに、なぜだか憧れのあの人のようにオシャレにきこなせない。そう感じたことはありませんか?センスの良い人、悪い人は一体どこで差がついてしまっているのでしょう?

センス磨きは情報収拾が決め手

センスは鍛錬で磨けるとお伝えしましたが、ファッションセンスを磨くための鍛錬とはどんなことを指すのでしょう。ズバリ、知識量の多さと経験値です。自分自身のこと、流行や美術についてなど知識を蓄えることはセンスアップにつながります。では、具体的にどうやって知識や経験を積めば良いのか、考えてみました。

センスの良い人、悪い人はどこが違うの?

生きていく上で色々な面でセンスを感じることって、ありますよね。このサイトのようなファッションについてはもちろん、スポーツや文章、ライフスタイル、数学的センスなど多岐にわたって感じるものかと思いますが、特におしゃれな暮らしぶりに憧れを抱くことも多いのではないでしょうか。
では、このセンスってそもそも何なのでしょう。辞書で引いてみると、こんな内容が出てきました。
1物事の雰囲気や味わいを些細な点、微妙な点まで悟る、感じる能力や才能、またそれを具体的に表現したもの。
2判断力や思慮、良識など
後者は社会人としてのセンスなど、いわば常識を感じる能力のこと、そして今回考えるセンスは特に1について、つまり、感覚や感性、判断力やそれを感じる、または生かす才能のことです。ファッションセンスの良い人といえば、おしゃれな人、魅力的なコーディネートの人でしょうし、文学のセンスがあるといえば、味わいや雰囲気を些細な点まで言葉で表すことのできる能力を持った人のことと言えるかもしれません。
では、このセンスというのは生まれ持った才能でセンスのない人は手にすることのできないものなのでしょうか?
もちろん生まれ持った感性というものもあるでしょうが、センスは磨くことができるもののようです。つまり、元々の感覚をいかに研ぎ澄ませていくか、その感覚をいかに敏感にしていけるかがポイントということです。
ここで野球センスを例にとってみます。生まれつき野球センスの良い子は小さな頃からキャッチボールが上手かったり、リトルリーグで活躍したりと当初からチームメートより能力が高いかもしれません。しかし、その子が全員野球選手になれるかというとそうでもありません。その生まれ持ったセンスを練習や実践など多くの経験で磨いた一握りの人だけがプロとして活躍しているのです。
つまり、生まれ持った能力を鍛えることでセンスも磨けるということです。

磨いたセンスを生かすには

ここまでで簡単に実践できそうなファッションセンスの磨き方は感じていただけたかと思います。では、実際にその磨いたセンスを活かしてコーディネートをするにはどんなところに気をつけたら良いのでしょう。ちょっとしたコツで簡単にセンス良く見せるコツを探してみました。

TOPへ戻る