ファッションセンスがない、どうしたら磨けるものなの?

>

センス磨きは情報収拾が決め手

自分の魅力とウィークポイントを知る

どんな方でも魅力的な部分と、隠しておきたい面があるものだと思います。憧れの可愛いアイドルでも、本当はスレンダーでかっこいい、モデルのようなスタイルになりたいとか、若々しくて人気の俳優さんでも、もっと渋く貫禄を出したいのに、など、自分のなりたいもの、着たい服と持っている雰囲気、似合うコーディネートが違うということは良くあります。その似合う、似合わないということを知るためにもまずは、自分の特徴をよく知るということが大切なのです。
自分はどんな体型をしているのか、ちょっと太っていて自信がないという方も、例えば、手先が美しい、うなじやデコルテが綺麗、肌美人など、強調したい点と、隠した方が魅力的に見える面とを知ることでコーディネートの軸を探してみましょう。

知識を増やしてセンスアップ

スタイルというのは体型だけの問題ではありません、ファッションの雰囲気自体にもスタイルがあります。カジュアル、フェミニン、シックなど、自分に似合うファッションのイメージを知るということも大切です。リボンやフリルのついた可愛らしいファッションに憧れるけれど、大人っぽいキリッとしたコーディネートの方が似合うなどということもあるでしょう。
ここで大切なのが、知識を持っているということ。そもそも、どんなスタイルがあるのか知らなければ自分に似合うスタイルを見つけることなどできるはずがありません。ファッションや色彩、美術など色々な面を知ることでファッションセンスを磨いていけるのです。知識がたくさんあれば、自分に似合うシックなコーディネートの中に憧れの可愛らしいポイントを取り入れ、「似合う」と「したい」を兼ね備えた素敵なコーディネートを実現することも難しくないでしょう


TOPへ戻る